事業費166億円増額 登戸土地区画整理(11/1)

市は1日、「登戸土地区画整理事業」について事業費を166億円増やし、計936億円とすることを明らかにした。1988年に始まった事業は、期間延長や増額が5回目となり、当初予定の事業費が187億円から約5倍になった。増額の理由として、16年度の登戸駅前で区画整理に着手して以降、パチンコ店や量販店など売り上げが多い店舗の移転補償費用が当初の見込みよりかかることが判明したとしている。完了時期は25年度で変更はない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です