夢見ヶ崎動物公園で 飼育の舞台裏公開(4/19)

「飼育の日」の19日、市立夢見ヶ崎動物公園で、ペンギンへのエサやりなど、普段はなかなか見ることのできない飼育の舞台裏などが公開された。夢見ヶ崎動物公園では、飼育風景の公開は初の試みといい、通常の日曜日の3倍近い約3,000人が来園した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です