女子野球W杯6連覇 代表2選手がV報告(9/25)

女子野球ワールドカップ(W杯)で6連覇を達成した日本代表メンバーで、川崎市出身の清水美佑、田中美羽の両選手が25日、福田市長に優勝報告をした。米国で8~9月に行われた大会を振り返り「女子野球はまだまだ発展途上で、もっと多くの人に女子野球を楽しんでもらいたい」と話した。また8月に愛媛県で開かれた「全日本女子学童軟式野球大会」で優勝した県代表メンバーのうち市内の4選手も市長に報告した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です