川崎のみ自然増 県内の人口統計調査(2/28)

県は28日、昨年1年間の人口統計調査の結果を発表した。県内31市町村で出生数が死亡数を下回る自然減となったが、川崎市だけが自然増(2527人)だったと発表した。開成町が出生数と死亡数が同数のほかは自然減で、横浜市が最多の5596人、横須賀市2443人、相模原市1256人と続いている。市区町村別で人口増の多かったのは、再開発でマンションが増え、若い世代が流入している中原区の4128人増がトップだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です