市民活動団体一堂に「ごえん楽市」開催(2/2)

市内の市民活動団体が一堂に会し、日ごろの活動を紹介する「ごえん楽市」が2日、中原市民館で開かれた。楽市には「かわさき・食と農のコミュニティ」や「川崎の親子を考える会」など、まちづくりや防災、福祉、人権などに取り組むNPO法人や市民グループなど89団体(過去最多)が参加した。また、来場者が考えるまちづくりを付箋に書いて張り出すコーナーや、社会課題を絵に描き出すワークショップなども行われた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です