高齢者施設と保育園を併設 JR東開発(2/22)

JR東日本グループのジェイアール東日本都市開発(本社・東京)が幸区北加瀬に開発していた多世代交流のまち「コトニアガーデン新川崎」の賃貸住宅(60戸)と高齢者福祉施設、認可保育園(定員70人)の3施設が完成し、22日、内覧会が行われた。高齢者施設と保育園を併設した開発はJR東日本では初めてで、4月にオープンする。コトニアは子とシニアを合わせた造語で、地域のにぎわいの拠点となる広場を囲むように3施設と店舗棟(13店)が整備される。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です