9~12月の週末に16イベント開催 川崎区と幸区(9/27)

川崎区と幸区で行われるイベントをお祭りムードで包む「フェスティバルな川崎」をPRしようと、各イベントの主催者やマスコットキャラクターが27日、市役所に福田市長を訪問した。2007年に6団体で始めた合同PRは、全体的な知名度アップを狙う。29日の「川崎競馬秋まつり」から12月1日の「川崎区社協福祉まつり」まで16イベントが続く。事務局の川崎銀座商業協同組合の小林一三理事長は「ほぼ毎週末にイベントがあるので、何かのついでに立ち寄ってほしい」とアピールした。

女子野球W杯6連覇 代表2選手がV報告(9/25)

女子野球ワールドカップ(W杯)で6連覇を達成した日本代表メンバーで、川崎市出身の清水美佑、田中美羽の両選手が25日、福田市長に優勝報告をした。米国で8~9月に行われた大会を振り返り「女子野球はまだまだ発展途上で、もっと多くの人に女子野球を楽しんでもらいたい」と話した。また8月に愛媛県で開かれた「全日本女子学童軟式野球大会」で優勝した県代表メンバーのうち市内の4選手も市長に報告した。