下水管談合 賠償請求先12社が請求過大で提訴(3/7)

市発注の下水管工事を巡る談合事件で、市が賠償金を請求した市内21社のうち12社が、請求額は過大だとして、債務不存在の確認を求める集団訴訟を横浜地裁川崎支部に起こしたことがわかった。市は全面的に争う構え。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です