市民ミュージアム収蔵品搬出3割 修復困難なものも(1/28)

昨年の台風19号で市市民ミュージアム(中原区)の地下収蔵庫が水没した問題で、市は28日、収蔵品約26万点のうち約22万9千点が被災したと発表した。これまで収蔵品の約3割を搬出し、今年度中をめどに残りの収蔵品の搬出する方針。搬出された収蔵品の中には、絵の具が流れた絵画や水に浸かった映画フィルム、原形をとどめない土器など修復が困難なものも確認された。それらの作品名や点数については「作者や関係者に先にお伝えしたい」などと詳細は明らかにしていない。建物と収蔵品の被害総額は約72億円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です