市長、就任後初の市議会定例会で施政方針(11/29)

市長は、就任後初めてとなる市議会第4回定例会で施政方針演説を行った。「川崎を日本一幸せのあふれるまち、『最幸(さいこう)』のまちにする」とのビジョンを掲げ、実現のために「安心のふるさと」と「力強い産業都市」の調和が必要と訴えた。市政運営の基本姿勢として「対話」と「現場主義」を挙げ、「市民の現場に足を運び、直接意見交換をする」と述べた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です