情報発信を多言語で、外国人市民代表者会議(4/12)

市内在住の外国人の意見を市政に反映させようと、市条例で設けている「市外国人市民代表者会議」が2016年度の活動状況を市長に行った。災害情報メールや健診のお知らせの多言語化など、外国人にわかりやすい情報発信のあり方などが指摘がされた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です