災害時の要援護者対策考えるシンポ開催(1/31)

市障害者地域自立支援協議会主催の防災シンポジウムが、市生涯学習プラザで開催、約75人が参加。自身も車椅子を利用する、障害児者支援NPO理事長の北島さんは、「地域住民に支援方法を知ってもらう訓練が必要」と訴えた。市危機管理室は、市の災害時要援護者支援制度の活用を呼び掛けた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です