等々力野球場改築 完成遅れ20年度後半に(8/30)

中原区の等々力硬式野球場改築工事の建設地で、廃棄物混じりの土が見つかり工事が中断している問題で、市は30日、市議会まちづくり委員会で土壌汚染物質が見つかったことを報告した。敷地面積の約3分の1にあたる1万1千㎡の土壌から、基準値を超える六価クロムやヒ素などを検出し、対策工事などのため完成予定が2年以上遅れ、2020年度後半にずれこむという。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top