中小の事業承継支援で協定 市などM&A仲介業と(10/31)

市など4団体は31日、中小企業の事業承継を支援する協定を、小規模企業専門の合併・買収(M&A)サービス会社「アンドビズ」(東京)と結んだ。協定を結んだのは市、川崎商工会議所、市産業振興財団、川崎信用金庫で、後継者がいないために廃業する中小企業に、親族や従業員以外の第三者への事務承継を推進する。協定では啓発活動や専門人材育成に協力して取り組むほか、同社がインターネッで運営している小規模企業向けの「あとつぎ探し」サービスを活用する。

夏季ユース五輪で金 河合さんに市特別賞(10/30)

市は30日、アルゼンチン・ブエノスアイレスで行われた夏季ユース五輪で、新種目のブレイキン(ブレークダンス)女子と混合で金メダルを獲得した県立百合丘高校2年(多摩区)の河合来夢さん(17)に市特別スポーツ賞を贈呈すると発表した。河合さんは女子の部で初代女王になり、ベトナムの男子選手と組んだ混合でも世界の頂点になった。10代の個人受賞は初めて。

バレーボール NEC新リーグ優勝を誓う(10/29)

バレーボール新リーグ「Vリーグ」の女子1部(Ⅴ1)で戦うNECレッドロケッツの柳田主将らが29日、11月3日の開幕戦を前に福田市長に初代優勝を誓った。チームは1978年に創部し、今年で40年目。リーグ優勝は日本リーグ時代を含め計8回で、昨季は5位。新リーグのV1女子は、競技力向上などを目的に東西に分かれて設立され、NECは東地区。ホーム開幕戦は12月1日に市とどろきアリーナで行われる。

仮装パレードに2200人 「カワサキ ハロウィン」(10/28)

国内最大級のハロウィーンイベント「カワサキ ハロウィン2018」の仮装パレードが28日、川崎区の川崎駅東口周辺で行われ、約12万人が沿道に押し寄せた。約2200人が参加し、怪物や魔女、アニメキャラクター、お化けなどに扮して、市役所通りなど約1.5㎞のコースを練り歩いた。今回が22回目で地元商店街や商業施設、市などが主催し、例年とは逆回りで、ゴール近くの新川通りの全6車線を封鎖した。初めて車椅子利用者の専用観覧席を設け、ダウン症のメンバーが活躍する地元ダンスチームも参加した。

市立小中学校でのいじめ認知 過去最多2176件(10/25)

文部科学省が25日に公表した平成29年度の問題行動・不登校調査で、市立の小中学校で認知したいじめは前年度比780件増の2176件(小学校で同758件増の1923件、中学校で同22件増の253件)で過去最多となった。内容としては、小中学校とも「冷やかしやからかい、悪口」がほぼ半数を占め最多で、「仲間外れや無視」、「ぶつかられたり蹴られたり」が続いた。いじめが解消したのは小学校で73.5%(前年度83.2%)、中学校で85.8%(同91.8%)だった。

川金HDもデータ改ざん 川崎競輪場の制振装置(10/23)

土木建築機材などを手掛ける川金ホールディングス(HD、埼玉県川口市)は23日、子会社の光陽精機(茨城県筑西市)が製造し、川金コアテック(川口市)が出荷する免震・制振装置で検査データの書き換えがあったと発表した。市によると川崎競輪場(川崎区)のメインスタンドに改ざんされた制振装置が使用され、2014年3月から16年2月に行われた耐震補強工事に伴い設置されたとしている。