市内感染者最多更新130人(1/5)

市は5日、過去最多となる130人の新規感染者を発表した(これまでは先月31日発表の100人が最多)。うち84人の感染経路が不明。先月25日に飲食店で開かれた忘年会の参加者9人のうち、いずれも幸区の70~90代の男女5人が新たに陽性と判明、先月27日発症した70代女性と合わせ、参加者の感染は計6人のクラスターとなった。ほかに、クラスターが発生の川崎区の高齢者施設に入居する90代女性が陽性となり、これまでに職員を含め計27人が感染した。

コロナ禍での年頭あいさつ 福田市長(1/4)

新型コロナウイルスの感染拡大が深刻さを増すなか、福田市長は4日年頭あいさつを行い、「危機だからこそ、自分以外の仕事にも想像力を膨らませ、みんなで連帯していこう」と語った。今年の課題として、昨年策定した脱炭素戦略や一人一台端末を掲げる国の「ギガスクール構想」、行政デジタル化の推進、市民へのワクチン接種の開始を挙げた。例年本庁の部長級以上150人が出席するが、今年は局長級以上の37人に絞り、オンライン中継の導入などの対応をとった。

マスク着用で行列なしの初詣 川崎大師(1/1)

いつもの年は初詣の参拝客が約300万を超える川崎大師平間寺(川崎区)では、例年通り境内の大山門と大本堂の前の2か所で規制の準備をしたが、1日正午過ぎ初詣客の流れはスムーズで行列ができることはなかった。2日は大勢の参拝客で賑わったが、例年のような入場規制は実施されず、足止めされることもなく進んだ。寺の担当者は「今年の参拝客の数は予想もつかなかった。数は減ったが、マスク着用で密な状態にもなっていない」と話していた。

川崎フロンターレ天皇杯初V 悲願の2冠(1/1)

サッカーの第100回天皇杯全日本選手権が1日、東京・国立競技場で決勝が行われ、J1覇者の川崎フロンターレが同2位のガンバ大阪を1-0で破り、初優勝と今季2冠を達成した。2度目の決勝の川崎は6度目の優勝を目指したガ大阪に対し、前半から攻勢に出て、後半10分FW三苫が先制ゴールを挙げ、無失点に抑えた。今季はJ1でことごとく上位対決を制し、天皇杯は無失点で頂点になり、クラブ初の2冠を達成、4期連続のタイトルを獲得した。

市内感染者最多更新の100人(12/31)

市は31日、新型コロナウイルスの新規感染者が過去最多を更新し100人となったと発表した。うち67人の感染経路が不明。クラスター(感染者集団)が発生した市南部の病院で入院患者の60代女性が新たに陽性と判明し、感染者は計30人になったほか、川崎区の有料老人ホームでも新規感染者が判明し計11人になった。また、市内のいずれも80代男性2人の死亡も報告された。

初詣の参拝・お土産オンラインで 川崎大師周辺商店街HP開設(12/29)

例年300万人もの初詣客が訪れる川崎大師(川崎区)の周辺商店街が、オンラインで「参拝」や土産物の購入ができる新しいホームページ(HP)を29日にも開設する。HPでは、仲見世通りから大山門をくぐって境内に入り、御水屋や大香炉の前を通過、大本堂にお賽銭を入れて祈願する―など、参拝者目線で撮影した動画を公開する。仲見世通りの24店舗で買い物できるオンラインショッピングも楽しめる。ほかに、感染症対策や参拝者向けの混雑状況なども掲載する。

かわさきマイスター4人認定 新たに「そば職人」も(12/22)

市は22日技術・技能を持つ市内最高峰の匠に贈られる称号「かわさきマイスター」に、本年度4人を認定したと発表した。今回初めて「そば職人」の職種が加えられ、1997年度から始まったマイスターは75職種、109人となった。認定者は、造園技能士の小林政春さん(67)、プラスチック塗装の清水達也さん(58)、そば職人の須山守さん(62)、洋菓子製造の藤本智美さん(49)。そば職人として初認定の須山さんは、そば粉の状態により打ち方を工夫し、江戸そばつゆの伝統製法にもこだわった。

今年の漢字は「感」 福田市長(12/22)

福田市長は22日の会見で、今年を表す漢字一文字に「感」を選んだと発表した。新型コロナウイルス感染症対策に奔走する中で直面した「感染」「感謝」「感動」の三つを今年の象徴として挙げた。コロナ禍を示す「感染」、医療従事者やエッセンシャルワーカーへの「感謝」、J1リーグ優勝の川崎フロンターレをはじめスポーツ、文化への「感動」の言葉で感染拡大防止に明け暮れた一年を振り返った。

平間小にSDGsアワード特別賞 市内初の受賞(12/21)

SDGs(持続可能な開発目標)の推進に向け、政府が優れた取り組みを表彰する「第4回ジャパンSDGsアワード」で、市立平間小学校(中原区)が特別賞「SDGsパートナーシップ賞」を受賞し、佐川昌広校長が21日、首相官邸で賞状を受け取った。企業、団体を含めて市内で初の受賞。小学校の受賞は全国で3校目。同校はこの2年間、SDGsの達成に向けて自分たちにできることを学年ごとに学習。「平間SDGsフェス」などで学校外にも発信し、いかに地域とともに取り組むかに力を入れてきた。

市内の感染者最多90人 学習塾でクラスター(12/16)

市は16日、新型コロナウイルスの新規感染者数が過去最多の90人となったと発表した。宮前区内の同じ学習塾に通う小中学校5校の児童生徒12人の陽性が判明、同塾の感染者は計14人となりクラスターと認定、有馬、宮崎、宮前平の3中学校が16日、臨時休校。40代女性職員の陽性が判明した宮前区の保育園も同日から休園。男児が陽性となった多摩区の保育園は17日から休園。クラスターが起きた川崎区の老人介護施設で新たに90代の入居者3人が陽性となり感染者は計19人。