高津区職員刺し男逮捕 生活保護窓口(11/28)

28日午後4時ごろ、高津区役所職員から「包丁を持った男がいる」と110番があり、高津署員が駆け付けると男性職員(60)が左腕を刺されていた。同区末長に住む無職の男(28)が別の職員らに取り押さえられており、同署が殺人未遂と公務執行妨害の疑いで現行犯逮捕した。男は区役所4階の生活保護担当の窓口に男性職員を呼び出し襲ったという。男性職員は病院に搬送され2週間のけが。

台風復旧57億円の補正予算案を分離可決 市議会(11/27)

市議会は27日、台風15号と19号の被害復旧や被災者支援のために計57億3274万円を充てる補正予算案を可決した。災害対策では過去最大で、緊急性を重視して他の議案と分離して先に可決した。中小企業向けの事業用建物や機械設備などの復旧事業費約34億円、19号の災害対策資金の信用保証料の負担ゼロに1億円のほか、災害救助法に基づく被災住宅の応急処理費用約1億8千万円、道路、河川、公園などの復旧費計約17億円などとなっている。

床張り替えで来年5~10月休止 浸水のとどろきアリーナ(11/27)

市は27日、台風19号で浸水したとどろきアリーナ(中原区)のメインアリーナを床板の張り替えのため、来年5~10月間利用休止にすると発表した。指定管理者は土のうを用意していたが、館内に水が入るまで土のうを積まなかったという。このため2,872㎡のメインアリーナは約1㌢浸水した。床板の張り替えは1995年8月の完成以来初めて。ホームにしているバスケットBリーグ川崎ブレイブサンダースは今季が終わる来年5月までは仮設のコートを設置して試合を続ける予定。