新型コロナウイルスの対策本部会議発足 多言語対応を指示(2/5)

新型コロナウイルスの感染拡大を受け市は5日、「市新型コロナウイルス感染症対策本部会議」を立ち上げた。今月上旬にも「帰国者・接触者相談センター」を市保健所に設け、電話相談に応じるとともに、「帰国者・接触者外来」で受診できる体制を整える。感染症が専門の岡部信彦氏健康安全研究所長は、「現時点で新型コロナウイルスの感染力は季節性インフルエンザと同じ程度と推測。手洗いやマスクによる衛生対策に努め落ち着いた対応を。人が大勢集まるイベントも現時点で自粛する必要はないと思う」と述べた。福田市長は外国籍の市民も多いことから多言語で対応するよう指示した。

星野リゾート川崎に6月開業 1泊2818円からのホステル(2/4)

星野リゾート(長野県軽井沢町)は4日、川崎区に都市観光客向けホステル「OMO3(おもすりー)東京川崎」を6月11日に開業すると発表した。複合商業施設「ラ・チッタデッラ」の近くで、JRや京急の川崎駅から徒歩10分圏内。他社が営業中のホステルを改装し引き継ぐもので、地上6階地下1階の227室、シャワーやトイレは共用になる。カーテンで仕切られた2段ベッドのドミトリータイプが(137室)が中心で1泊税別2818円からと低価格。高級ホテルの運営で知られる同社として初の業態となる。

「かわさき多摩川ふれあいロード」 サイクリングコースの新愛称(2/4)

市は4日、多摩川サイクリングコースの新愛称が「かわさき多摩川ふれあいロード」に決まったと発表した。募集した401点の愛称の中から、最終候補を4点に絞り込み市民対象のウェブ投票の結果選ばれた。市内の多摩川沿いには多摩川サイクリングコース(幸区多摩川大橋―多摩区菅20.2㌔)と多摩川河口青少年サイクリングコース(川崎区殿町3丁目―鈴木町3.5㌔)があり、いずれも歩行者優先の「遊歩道」の位置づけだが、名称から自転車優先というイメージが浸透していた。愛称は両コース共通。