いじめ被害の女児に教室で謝罪 市に賠償命令(3/24)

同級生からいじめを受け担任も加担したとして、市立小学校6年生だった女児と両親が市と同級生の保護者に約360万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、横浜地裁川崎支部であった。判決では女児は2016年以降、同級生から暴言やいじめを受け、その回数などを記録していたノートが同級生に見つかると、女児に謝罪の声が上がり、担任が教室内で謝罪の場を設けた。こうした担任の指導で児童が精神的苦痛を受けたとして訴えの一部を認め、慰謝料として市に44万円の支払いを命じた。保護者らへの請求は棄却した。

大賞にタイ料理店「MaiTai」 空き店舗活用アワード事業(3/24)

市は24日、市内商店街の空き店舗で新たに開業し、地域の活性化にも貢献する3飲食店を表彰した。2015年度から始まった空き店舗活用アワード事業の一環で、大賞はタイ料理店「MaiTai(マイタイ)」(中原区新城)が選ばれた。JR武蔵新城駅近くの日光通商店街で開業し、地域密着を掲げ料理教室も開催する。優秀賞は地元の食材を使いうどんの枠を超えたメニューを提供する「うどんカフェしげた」(幸区南幸町)、鍵屋醸造所(同区南加瀬)のクラフトビールの直売店「Cafe CLUB KEY(カフェクラブキイ)」が受賞した。

市主催イベント一律自粛月末まで 市立小中の入学式実施へ(3/23)

市は23日、新型コロナウイルス感染症対策本部会議を開き、市主催のイベントの一律自粛について予定通り「31日まで」とし、4月以降は国の専門家会議が示している感染リスクの高い3要素(密閉、密集、密接)に照らし、イベントごとに開催を判断していくことや、4月6日の市立小中学校の入学式を予定通り行うことを決めた。市内ではこれまで4人の感染者が確認されているが、感染拡大は一定程度抑えられていると判断、自粛が及ぼす社会的な影響を勘案した。