後期高齢者被保険者証、誤り3度目(5/1)

市は、後期高齢者医療制度で、対象者に郵送した被保険者証に「三割」の自己負担率を「一割」とする誤表記があったと発表。同制度をめぐる市の表記ミスは3度目となった。元データを共有する側の市と、発行・運営を担う県後期高齢者医療広域連合との間の連携不足が原因とのこと。

市行政情報ネットに流出で職員処分(5/1)

宮前区役所衛生課職員の私用パソコンから、個人情報を含む大量の行政情報がインターネット上に流出した問題で、市は、職員を10分の1減給3カ月の懲戒処分にした。また、上司の衛生課長を厳重注意に、行政情報があることを知った上でファイル交換ソフトを私用パソコンに入れた当職員の夫(環境局所属)を局長名の文書注意とした。

消防局、軽症患者に「サポート救急」開始(5/1)

市消防局は、軽症患者などを対象に、タクシーや民間救急車を手配するサービス「サポート救急」を開始。夜間や休日に診察可能な病院を案内する「市救急医療情報センター」に電話すると、病院の予約をとった上で、タクシーなどを確保してくれる仕組み。現状では救急車搬送の約6割を軽症患者が占め、重症者搬送に影響しかねないための導入。

区、サービス向上取り組み方針設定(4/30)

各区は、区民サービスの向上を目指し、取り組み目標を設定した。「お客さまの立場に立ったサービス」(川崎区)、「人材育成に向けた計画的な職員研修」(高津区)、「市民の意見を反映する改善の実施」(多摩区)など、各区2~4つ。市のホームページに掲載、年度末に成果を検証し、公表予定。

市、「子育て等あんしんマンション認定制度」スタート(4/30)

市は、子育て世帯が暮らしやすいマンション建設促進のため「子育て等あんしんマンション認定制度」をスタートさせた。集会室を子育て向けに整備し認定を受けた事業者には150万を上限に工事費用の一部を助成。認定マンションでは8月以降、管理組合などが申請すると子育て相談員の派遣も年6回程度受けられる。

ガソリン暫定税率復活、市長コメント(4/30)

ガソリン税の暫定税率が5月1日から復活することについて、阿部市長は「最悪の事態は回避できた。執行を留保していた道路予算の一部を再開するよう指示した」とコメント。合わせて道路特定財源の一般財源化には「地方が必要とする財源の確保を優先し、環境対策面を踏まえた議論をすべき」とした。

ガソリン暫定税率復活、市長コメント(4/30)

ガソリン税の暫定税率が5月1日から復活することについて、阿部市長は「最悪の事態は回避できた。執行を留保していた道路予算の一部を再開するよう指示した」とコメント。合わせて道路特定財源の一般財源化には「地方が必要とする財源の確保を優先し、環境対策面を踏まえた議論をすべき」とした。

「かわさき舞祭2008」開催(4/27)

小中学生を中心としたダンスチームが参加する「かわさき舞祭2008」が「ラ チッタデッラ」をメイン会場に開催。川崎をダンスで元気にしようと、市民グループ「アレアファーレかわさき」などが2005年より開催しているもの。