コロナでオンライン開催 「カワサキハロウィン」(10/31)

国内最大級のハロウィンパレードで知られる「カワサキハロウィン」は、新型コロナウイルスの感染拡大に配慮し、初のオンラインパレードで開催された。会員制交流サイト(SNS)で仮装動画を募集し、国内外から約750件の投稿があった。動画投稿サイト[YouTube]で特別番組が配信され、全国18か所の大型ビジョンで流された。カワサキハロウィンは全国に先駆け1997年に川崎駅周辺で始まり、昨年は約2千人がパレードに参加し、沿道の観客は約12万人に上った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です