市のプレミアム商品券苦戦 2次募集でも予定の5割(8/13)

コロナ禍への地域経済対策として発行された30%のプレミアム付き商品券「川崎じもと応援券」が2次募集でも苦戦している。市は1次募集で申し込んだ人の追加申し込みを可能にしたほか、街にブースを構え、プレミアム率の高さなどをアピールしたが、2次募集締め切りの13日でも申し込みは計46万5千冊で予定数87万冊の53%にとどまった。地元の中小事業者らを支援する趣旨のため大型店舗での利用ができないのがネックで、税金投入分を含め113億円を見込んだ経済効果は得られそうになく追加募集を検討中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です