床張り替えで来年5~10月休止 浸水のとどろきアリーナ(11/27)

市は27日、台風19号で浸水したとどろきアリーナ(中原区)のメインアリーナを床板の張り替えのため、来年5~10月間利用休止にすると発表した。指定管理者は土のうを用意していたが、館内に水が入るまで土のうを積まなかったという。このため2,872㎡のメインアリーナは約1㌢浸水した。床板の張り替えは1995年8月の完成以来初めて。ホームにしているバスケットBリーグ川崎ブレイブサンダースは今季が終わる来年5月までは仮設のコートを設置して試合を続ける予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です