市動物愛護センター、9匹の捨て犬譲渡会開催(5/17)

4月5日、川崎区の三公園で発見された9匹の犬の譲渡会が、市動物愛護センターで開催。9匹は同一の飼い主に捨てられたと見られ、皮膚病を患っていた。同センターが保護し、ホームページなどで新たな飼い主を募集。申し出があった一般家庭と、動物愛護団体に譲渡が決定。同時期に捨てられた犬のために譲渡会を開催するのは異例。

市、区の行政組織再編構想まとめる(5/16)

市は、区の行政組織再編構想をまとめ、市議会総務委員会で報告。主な内容は、2010年度に区建設センターと公園事務所4ヵ所を、区道路公園事務所(仮称)と2ヵ所程度の都市基盤整備事務所(仮称)に再編。支所と出張所は区民センター、連絡所は行政サービスコーナーに。区の市税部門は11年度に数ヵ所程度の市税事務所に。8月素案公表、9月に市民意見募集。09年度に具体的整備や条例改正の予定。支所などの再編で、区役所を含めた機能分担も見直す。戸籍、印鑑などの届け出事務も区役所に一元化する。

水沢森人の会、「水沢の森花ごよみ」発行(5/16)

宮前区の菅生緑地を管理しているボランティアグループ「水沢森人の会」が、同緑地で見られる約250種の植物を紹介した冊子を発行。区役所、市民館、菅生分館で無料配布。元々竹やぶや農地が混在する里山だった緑地の、植物の生態を記録に残そうと、市の呼びかけで専門家や区民らが5年に渡り調査。同会が市などの助成を受け冊子にまとめた。

個人タクシー協同組合、ドライブボランティア継続30年(5/15)

川崎個人タクシー協同組合は、知的障害児施設「市立しいのき学園」の子どもたちをボランティアで八景島シーパラダイスまで送迎。36人の学園生と家族、職員など計70人が参加。こうした遠足は、1979年から毎年行なわれ、今年で30回目。組合有志が仕事の合間に参加し、費用はすべて組合負担で、ガソリン代は個々の自腹とのこと。

アマ落語家「かわさき落語草紙」出版(5/15)

市内でプロ・アマ落語家が共演する「さいわい寄席」を15年に渡り主催してきたアマチュア落語家の清流亭いしあたまさんは、川崎を舞台にした創作落語を集めた「かわさき落語草紙」を出版。さいわい寄席は年2回開催、これまでに3400人を集客した。08年秋に30回を迎える。

JR東日本、武蔵小杉に駅型保育園開設を発表(5/15)

JR東日本横浜支社は、大型マンション建設で人口増が予想される武蔵小杉駅近くに120人定員の認可保育園を09年4月に開設すると発表。待機児童が多い自治体と連携して開設するもので、運営は自治体が選定した保育園の運営法人が行なう。08年末から園児募集を開始予定。