市職員自殺者 7年間で27人に

川崎市職員の自殺者が、01年度から07年度までの7年間で27人に上っていることが分かった。また、1カ月以上の長期療養者で、精神障害などを原因とする職員は07年度が164人となり、72人だった01年度から倍以上になっている。市議会本会議の代表質問で、各党から質問が相次いだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top