市、育児休業職員の復帰支援サイトを試験導入

市は、職員の子育て支援強化の一環として、インターネットを使った、育児休業者向けの職場復帰支援プログラムを試験導入した。民間企業が開発したプログラムを生かし、育児の悩み相談や上司との連絡などに使う。現在は総務局など市長事務部局のみでの運用だが、早ければ09年度から、利用部局を水道局、病院局なども含む市役所全体に拡大する考え。

市、育児休業職員の復帰支援サイトを試験導入

市は、職員の子育て支援強化の一環として、インターネットを使った、育児休業者向けの職場復帰支援プログラムを試験導入した。民間企業が開発したプログラムを生かし、育児の悩み相談や上司との連絡などに使う。現在は総務局など市長事務部局のみでの運用だが、早ければ09年度から、利用部局を水道局、病院局なども含む市役所全体に拡大する考え。

「緑のカーテン」ゴーヤー使った料理教室開催(9/9)

市内の公共施設で、地球温暖化対策の一環として育てているゴーヤーの実を使った料理教室が、高津区の「てくのかわさき」で開催された。市環境局主催。市は、08年2月から、建物の窓際に張ったネットにゴーヤーのつるを絡ませ直射日光を遮る「緑のカーテン」の普及に取り組んでおり、育てたゴーヤーを利用した。

「緑のカーテン」ゴーヤー使った料理教室開催(9/9)

市内の公共施設で、地球温暖化対策の一環として育てているゴーヤーの実を使った料理教室が、高津区の「てくのかわさき」で開催された。市環境局主催。市は、08年2月から、建物の窓際に張ったネットにゴーヤーのつるを絡ませ直射日光を遮る「緑のカーテン」の普及に取り組んでおり、育てたゴーヤーを利用した。

市住宅政策審議会、最終報告を市長へ答申(9/8)

市住宅政策審議会が、高齢化社会を見据えた住宅政策の充実を求める最終報告をまとめ、市長に答申した。答申では、高齢者の住環境の基本理念として「地域で暮らしつづけることができるよう」、バリアフリー化などを進めるよう求めた。また、住環境の改善に向けて、地域の市民団体との連携の重要性も強調した。

市住宅政策審議会、最終報告を市長へ答申(9/8)

市住宅政策審議会が、高齢化社会を見据えた住宅政策の充実を求める最終報告をまとめ、市長に答申した。答申では、高齢者の住環境の基本理念として「地域で暮らしつづけることができるよう」、バリアフリー化などを進めるよう求めた。また、住環境の改善に向けて、地域の市民団体との連携の重要性も強調した。

米国のイラク帰還兵、平和訴え中原で講演(9/7)

イラク戦争で現地に派遣された米国帰還兵の経験をもとに、世界平和実現と憲法9条の維持を訴える講演会が、中原市民館にて、市教育委員会主催で開催。講演したアッシュ・ウ-ルソンさんは、米国帰還兵2,000人でつくる団体「反戦イラク帰還兵の会」支部長。

「しんゆり・芸術のまちづくり欧交流団」市長訪問(9/5)

「しんゆり・芸術のまちづくりヨーロッパ交流団」一行は、欧州における芸術の取り組みを学ぶため、8日から10日間、市の友好都市ザルツブルクを始め、ドイツ主要都市を視察予定。これに先立ち市長を訪問、市国際交流使節としての認証証とドイツ・ザルツブルク市のシャーデン市長あての親書を受け取った。交流団メンバーは、地元の音楽関係者ら10人で構成。

Top