世界の水辺環境を再現 市内初の水族館オープン(7/17)

市内初の水族館「カワスイ 川崎水族館」が17日、JR川崎駅東口の商業施設「川崎ルフロン」内に開業した。ルフロンの9,10階の約7000㎡に69個の水槽が配置され、世界最大級の「ピラルク」など淡水魚を中心に約230種類が展示された。館内は6つの展示ゾーンに分かれ、「多摩川ゾーン」から「アフリカゾーン」まで世界の水辺環境が照明、音響、映像技術を駆使して再現された。昼(午前10時~午後5時)・夜(午後6時~同10時)完全入れ替え制。入場料大人2千円、共通券同3千円。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です