川崎一筋18年 サッカー憲剛引退表明(11/1)

サッカーJ1・川崎フロンターレの元日本代表MF中村憲剛(40)が1日、今季限りでの引退を発表した。オンラインで記者会見し、「35歳の時40歳までと決めていた。終わりを決めていたからこそ、この5年頑張れた」と語った。川崎一筋で18年間プレーした中村は、2203年に中大から当時J2の川崎に入団、技巧派の司令塔として活躍、16年に36歳で史上最年長でJリーグ最優秀選手賞を受賞、17年J1初制覇18年連覇に貢献。日本代表では10年ワールドカップ南アフリカ大会に出場するなど、国際Aマッチ68試合出場、6得点。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です