川崎区で 合同大規模救急救助訓練開催(9/10)

交通事故発生時に、関係機関が連携して人命救助に取り組むことを目的とした「合同大規模救急救助訓練」が、川崎区駅前本町のバスターミナルで行われた。主催者である市と、川崎鶴見臨港バスをはじめ、川崎署や川崎消防署、7月に発足した川崎DMATなど10機関から約110人が参加した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です