川崎臨港署、5月一カ月で112人に自転車の赤切符(6/3)

川崎臨港署は、「自転車マナーアップ強化月間」の5月の一カ月間に、自転車で赤信号の交差点を通過した112人に、道路交通法違反の疑いで交通切符(赤切符)を交付したと発表。管内で今年起きた人身事故は106件で、このうち自転車が絡む事故は35件と全体の3分の1を占めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top