市、出生率など政令市などで1位(7/23)

「2012年大都市比較統計年表」によると、自然増加率(27年連続)、出生率(23年連続)それぞれトップ。生産年齢人口(15~64歳)の割合が最も高い一方、65歳以上の老齢人口は最低で、市民の平均年齢は41.5歳と最も若い。日本の産業を引っ張った「工都・川崎」の面影はいまでも統計上に表れ、従業員一人あたりの製造品出荷額は41年連続の1位

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です