市、夏かぜ「ヘルパンギーナ」流行警報発令(7/17)

市は、夏かぜの一種「ヘルパンギーナ」が市内で流行しているとして警報を出した。市健康安全研究所によると38~40℃の高熱、のどの痛み、のどの奥に水泡ができる。患者の9割が5歳以下で、くしゃみ、せき、おむつの扱いで感染するために帰宅後や食事前、トイレ後の手洗いの徹底を呼びかけている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です