市、川崎競輪場再整備の基本設計を公表(6/6)

市が進める川崎競輪場(川崎区)の再整備の基本設計が明らかになった。東日本大震災を受け、スタンドの耐震補強工事を前倒しするほか、太陽光発電を利用した設備の導入も検討している。再整備は総事業費約48億円かけ、2012年度から5年間かけて工事を行う予定。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です