市、登戸区画整理事業を2025年度末まで延長へ(2/12)

市は、2015年度中の完成を目指していた登戸駅周辺の約37haの区画整理事業を、2025年度末まで10年延長するとした。事業は1988年に始まったが、建物の移転率や道路整備率などが昨年末時点で計画の半分程度にとどまり、軌道修正を余儀なくされた。770億円の総事業費は据え置く。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top