市と東芝、食中毒菌判定システムを共同開発(1/19)

市と東芝は、食中毒の原因菌を迅速かつ容易に特定できるDNA検査システムを共同研究で製品化した。ライフサイエンス分野の研究開発拠点が集積するキングスカイフロンント発の第1号製品。市健康安全研究所が技術面で協力、国内外の食品衛生関連企業に販路を広げていく考え。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top