脳性まひ選手の女子サッカーW杯 川崎から4人代表(5/11)

脳性まひなど障害のある選手による「CPサッカー」で初めての女子ワールドカップ(W杯)が11日スペインで開幕するのに伴い、市に拠点を置くCPサッカーチーム「エスペランサ」の4選手が日本代表で出場する。CPサッカーは本来7人制だが競技人口が少ないためW杯は5人制。1984年からパラリンピック種目だったが東京大会で外れたためパラ大会にかえて開くもの。代表で主将の浜田美(み)弥(や)妃(び)選手(27)は「サッカーが好き。強くなりたい気持ちが自分を変えた。優勝をめざす」と語る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Top