美田前学長に名誉教授 市立看護短大(12/26)

市は26日、市立看護短期大学の美田誠二・前学長に同短大初の名誉教授の称号を贈った。美田さんは市立川崎病院内科勤務を経て、1995年の看護短大の開学とともに教授に転任。以後、今年3月の退任まで22年間にわたり。病態治療学などの科目を担当し、2011年4月に学長に就き、6年間務めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です