被災リスク避け再建 市民ミュージアム答申案まとまる(6/30)

2019年の台風19号で浸水した市市民ミュージアム(中原区)の在り方を考える市文化芸術振興会議の検討部会が30日開かれた。まとまった答申案は「美術館、博物館の機能を併せ持つことで大きなシナジー効果が期待できる」とし、従来通り両分野を融合した「ミュージアム」としての方向性を打ち出し、施設は現建物では再開せず被災リスクが少なく利便性の高い場所での再建を求めた。7月中旬にも市長に答申する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です