市のホテルシップ誘致 アジア最大クルーズ客船会社と覚書締結(3/29)

2020年東京五輪・パラリンピック開催に合わせてホテル誘致を目指している市は29日、アジア最大のクルーズ客船会社「ゲンティン香港」(本社・香港)を協議対象者に決め、覚書を締結した。客船「エクスプローラードリーム」(7万5338㌧)を来年7月23日~8月9日の18日間、川崎港東扇島に停泊させる計画で、今後同社と協議を進める。同船は横浜港発着クルーズを行っていた客船を改装、グレードアップして来月就航予定。客室数約930室、乗客定員1870人。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です