障害児支援事業者4000万円を不正請求(8/2)

障害児通所給付費など4千万円を不正請求したとして市は2日、運営会社「チェリッシュ」(麻生区)の障害児通所支援事業所「児童発達支援室 tomorrow 上麻生教室」(同)に対し、児童福祉法に基づく指定を6か月停止し、不正受給した四千万円と加算金千六百万円の返還を指示した。同事業所は開設後の2015年1月から16年8月までの間、必要な職員を常駐させず、また同月から17年3月までは勤務実態のない職員を担当者とする虚偽の届け出を提出した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です