世界初EVタンカーの運航拠点に 川崎港(9/30)

東京電力エナジーパートナー(EP)と市などは30日,電気で動く「EVタンカー」の普及を目指し、市の港湾施設内に船の給電設備を設置する協定を締結した。旭タンカー(東京)が建造中の世界初というEVタンカーを利用、2022年4月に運航開始予定。タンカーは全長62㍍全幅10㍍総トン数499㌧、電気自動車100台分にあたる3480㌗の電池を搭載。東京湾内で朝から夕方まで重油を運搬し、夜間に港で充電する。1日に60㌋(約111㌔)の航行が可能。

「総理大臣何人代わったか。日朝首脳会談実現を」 拉致家族早紀江さん(9/27)

自民党新総裁に岸田文雄氏が選出されたのを受け、北朝鮮による拉致被害者の横田めぐみさん(失踪当時13)の母、早紀江さん(85)は29日、「総理大臣は何人代わったかわからない。何も解決しない」と疲労の色をにじませ市内で取材に応じた。「(子どもが)どんな悲惨な思いをしているか。親は毎日考えている。本当に正念場。日朝首脳会談を実現してほしい」と訴えた。

被差別部落の地名掲載違法 東京地裁判決(9/27)

被差別部落の地名リストをウエブサイトに掲載、書籍化するのは「差別を助長する」として、部落解放同盟らが多摩区の出版社「示(じ)現舎(げんしゃ)」側に削除や計約2億6500万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で東京地裁は27日、「出身者が差別や誹謗中傷を受ける恐れがあり、プライバシーを違法に侵害する」とし、示現舎側に該当部分のサイト削除と出版禁止、計約488万円の賠償支払いを命じた。現在の住所、本籍が地名リストにない場合や個人情報を自ら公にしているケースは侵害を認めなかった。

市立小職員給与上の不利益 市人事委判定は違法(9/27)

市立小学校の事務職員の男性二人が、国の制度変更で給与上の不利益を被ったのに市人事委員会が是正要求を棄却したのは不当だと訴えていた訴訟の判決が27日、横浜地裁であった。二人は給与負担が県から市に移譲された2017年4月、県と市の給与や昇格の仕組みの違いから他年度に採用された職員に比べ大きな不利益が生じたと主張。判決では原告らの不利益を認め、適法な判定を受ける権利を侵害して違法として取り消しを認めた。